Home

富士市国際交流協会は、在住外国人との親善及び市民の国際感覚の醸成に寄与することを目的として、異文化に対する相互理解や、市民を主体とした国際交流活動の促進に資する事業を実施しています。
本年度も当協会が持つ人的ネットワークや情報・ノウハウを活かし、国際交流フェアをはじめとした在住外国人との交流事業等を企画・開催するとともに、地域の国際交流団体等と協力・連携しながら多文化共生を図って行きます。

◆設立

 1987年(昭和62年)12月11日(前身「富士市国際都市交流協会」)

◆設立の背景・経緯

 市民の海外との交流が活発化する中、当時富士市は中国嘉興市との友好都市提携に向け交流が進んでいました。そして、将来も諸外国との交流を推進するにあたり、特定の国との交流に限定されることなく広範囲での国際交流に対応する組織の設立が望まれました。そのような中、行政主導ではなく市民、民間団体等主導の組織として、富士市国際交流協会は誕生しました。

◆主な活動
  • 国際交流フェアの開催
  • 友好都市「中国嘉興市」との交流
  • 姉妹都市「アメリカ・オーシャンサイド市」との交流
  • 市内国際交流推進団体との連携事業
  • 在住外国人との交流の場として日本文化・外国文化に関する講座などの開催
  • 地域イベントへの参加
  • 広報誌「ブリッジ」の発行
◆会員数 149
  • 個人会員       :  87人
  • 団体会員       :  40団体
  • 法人会員       :  21法人
  • 賛助会員(個人)   :   0人
  • 賛助会員(法人)   :   1法人
◆富士市の外国人数

国際交流フェア
第32回富士市国際交流フェア(令和2年2月2日(日)実施)

協会広報誌 「ブリッジ」はこちらから
Bridge41 Bridge42

◉入会案内

  入会案内へ